ジクス株式会社

ジクス株式会社

画像処理技術による、印刷関連検査システムの開発・設計・製作・販売

HOME

イメージ
オフセット印刷品質検査装置
Lab-vision
収益を上げる
枚葉インライン品質検査装置
>>製品詳細へ
イメージ
インライン排紙装置
LESAR102

特許取得済

インライン検査装置と連動して不良紙を自動排出する枚葉インライン自動排紙装置
>>製品詳細へ
イメージ
刷り出し・抜き取り検査装置 Micro-vision
インライン品質検査装置では知り得なかったシグナルで、更なる品質と収益の改善
>>製品詳細へ
イメージ
金属印刷用インライン・
オフライン品質検査装置 Metal-vision
金属印刷専用に調整された照明装置、検査アルゴリズム(プログラム)制御方式
>>製品詳細へ
イメージ
丁合機・折機・カバーフィーダー用乱丁・
異種混入検査装置 Super-vision
印刷製品が正しい組み合わせで出荷されるよう監視する異種混入防止検査装置
>>製品詳細へ
イメージ
究極のシートスタビライザースマート・エアーガイド
市場にある紙押さえ装置の欠点を全て克服した究極のシートスタビライザー
>>製品詳細へ
>>製品一覧へ
私たちのすべてのユーザーに真に有益な品質の製品とサービスを提供することにより、
収益を伴った継続的発展を行う企業であり続けること
イメージ私たちは、お客様へ提供させていただく製品が本当に役に立つものであるためには、その製品が使われるお客様の市場をよく知り、学び、本当に求められているものが何か?ということを絶えず追い続ける事だと考えています。
私たちの製品開発は常にその視点に帰り、開発と改良を繰り返す事を第一として取り組んできました。 日本の製造業は品質管理において世界一と言われて久しいですが、一方労働コストで競争力のある外国の製品と競争する中でその品質管理は過剰品質とさえ言われるようになりました。
しかし品質が優れ、他に類を見ない製品を提供できるということは素晴らしい事であり、同じ材料を使用して出来上がった製品の品質が優れているのであればそれこそが技術力であり賞賛されるべき事だと考えています。
このような秀でた技術が、「過剰」と言われるにはその品質を維持する過程において多大な労働力や損失を伴っているからではないでしょうか。
私たちはそのような素晴らしい品質管理技術を持つ製造メーカー様が、品質保証の中で生じている多大な労働力や損失を軽減する検査技術をお客様へ提供する事によって収益をもたらしたいと願い製品開発をしております。
私たちの検査技術によって製造メーカー様が、永年の努力の蓄積により実現した高い品質への追及を損なうことなくさらなる競争力をつけ発展して頂けることが私たちの存在意義と考えております。 >>全文へ
ジクスの開発コンセプト・・・品質検査装置が「収益を改善する装置」であること
品質検査を行う検査装置の設備を考える際、お客様はまず、第一に得意先への品質保証を行うために導入されると思います。
これは、物づくりを行う会社で最も重要な「品質」という視点では当然重要なことですが、そのために、良品率を含む稼働率の低下に繋がっているケースも少なくありません。
私たちは、品質検査装置が、それを導入されたお客様にとって、得意先様への品質保証はもちろんの事、印刷会社様の収益を改善する装置として有るべきであり、それを確実にするには、仕事の内容に依って設計される必要があると考えています。 >>全文へ
会社案内

企業情報・採用情報を
ご案内致します

製品一覧

ジクス製品について
ご説明致します

ジクスの技術

ジクス製品の技術について
ご説明致します

印刷検査について

印刷検査の装置について
ご説明致します

ページトップへ